ころすけのお金のお話

投資初心者の投資初心者による投資初心者のための投資関連ブログです。米国株を中心にETFと投資信託でコツコツ積立中。専門知識はなくても投資で資産形成は出来る時代になりました。

現金預金に潜むリスクとは

Fotolia_79039036_Subscription_Monthly_M
先日まで資産運用初心者の私は現金のみで持つことのリスクがどういう意味でやばいのか理解できていませんでした。

知ってから考えると怖いことですね。
なぜダメなのか。
巷ではよく聞くのですが、実際にちゃんと理解しているわけではなかったので
自分のためにまとめてみました。
普通は預金口座にコツコツと貯金している事は、すごく真面目なことで
とても良いことだと思ってました。
ホントです。
というか、世間の半数近くはそう思っているのではないでしょうか。

私もそうでした。

でも投資家さん達からしたら、これはものすご~~~~くハイリスクな事なのです。
現金と銀行預金だけは超絶ヤバいみたいです

日本人の根底にある預金第一主義のような、よくわからない深層心理が投資への一歩を阻んでいるのでしょうか。

まず、どれだけのリスクがあるのか。

まず基本ですが【日本円】の価値です。

価値を決めるには相対するモノが必要ですね。
それが、物価であり外貨です。
こいつらとの関係性が日本円の価値を決めます。

例えば、世間でよく聞くインフレ。
物価が上昇するということですから、相対的に日本円としての価値は下がります。

同じく米ドルが上昇すれば、円安になりますからこれもまた価値が下がります。

相対関係にあるモノが上がれば、下がるということですね。


ということは

現金預金のみで持つということは、その人のすべての現金預金の価値が下がるということです。
大損ですね。

資産運用しないという事=日本円へ全て投資

という構図になってしまいます。
年金や銀行預金などのお金も、日本債券へ投資していると考えると恐ろしいです。

じゃあどうするの?
って時に、資産を他に分散して運用しましょうよという話になります。
というか、それ以外に答えがでません。

ドル建てで外貨預金したり、株式に投資したり、金・プラチナに変えてもよいです。
なんでもいいから日本円以外に変えておけば、インフレ対策になるのです。


こういう話が当たり前にできる世の中になればいいなと思います。

旦那さんは資産運用は考えているけど、奥様はそんな話に聞く耳を持たないとか、、、
節約ばかりで資産を守ることは全く、、、
なんて話をよく聞きます。
世の中の偏見や先入観、間違った情報などが人々を混乱させたり迷わせたりしますが
まずは興味を持たないことには何も変わらないですよね。

ニュースや新聞では投資に関わることは毎日出てきますし、日経平均株価という言葉を
知らない人の方が少ないはずなのに、
なぜこんなにもマネーリテラシーへの関心が低いのか、、、

そんなことを思う大雨の午後でした。