ころすけのお金のお話

投資初心者の投資初心者による投資初心者のための投資関連ブログです。米国株を中心にETFと投資信託でコツコツ積立中。専門知識はなくても投資で資産形成は出来る時代になりました。

ひふみ投信というファンド

f:id:sgnm0827:20170801211054g:image

みなさんはこのゆるキャラをご存知でしょうか。

レオスキャピタルワークスという会社のマスコット的な存在です。

私はそう認識しています。

というか、レオスキャピタルワークスという会社はなんなのか。

ほとんどの方が知っていると思いますが、ひふみ投信という代表的な投資信託商品を取り扱っている会社です。

f:id:sgnm0827:20170801215133j:image

このキャラクターの性格は好奇心旺盛とありますが、このファンドがアクティブなファンドだということの象徴なのかもしれません。

レオスキャピタルワークス 

 レオス・キャピタルワークス株式会社

私はこの会社がとても好きです。

まず、代表の藤野さんや湯浅さんの投資というコトへの考え方が好きだからです。

ちなみに私は栗岡さんという方の信念が凄く好きです。気になる方は要チェックです。

HPにも記載されているのですが、このファンドは個人投資家に向けた強い想いがあります。

 

ためて、ふやして、進化する

 さらに、アクティブファンドなのにコンセプトは「守りながら増やす」

ディフェンシブなのにアクティブ。

このファンドは市場状態によっては、最大50%ほどを現金のまま運用することを決めています。

フルインベストメントではありません。

そのリバランスが相場でのディフェンシブな部分に効いているのかもしれません。

 

企業訪問による徹底調査

このファンドは企業に投資する際、徹底的に調べます。

安定的な収益があり、株価が低価格な割安株を見つけだし、そして実際に企業を訪問して投資対象として相応しいかを判断するのです。

実際に現場を訪れるのだから、机上での判断とは違います。

実際の現場での温度感や空気感、そしてこれまでの経験を踏まえた上で、投資するかを話し合って決定するのです。

この徹底ぶりが私は好きだし、投資信託という本来の姿はこうあるべきなのではないかと非常に思います。

 

  私事見解

私は投資経験も非常に浅く、経験や知識もほとんどありません。

なんならアホです

手数料がとか、運用成績がとか、そんなことではなく、この企業理念に対して資金を託せると判断したんです。

自分のお金がある企業に投資され、その投資された資金はその企業をさらなる次のステージへステップアップさせる事が出来る。

そして投資した私は企業成長によりキャピタルゲインの恩恵を受けることが出来る。

これが資本主義の王道なのではないでしょうか。

投資ってこうでなくてはと、つくづく勉強させてもらっています。

月間レポートもとても丁寧に作成されていますし、老若男女問わず日本の成長株に投資するならここ以外無いと私は思っています。

 子供の為に小さな頃からの投資するのにも向いていると思っています。 

はい

ここまでは私の個人的な想いと個人の偏見バリバリの企業紹介でした。

私の個人的な考え方と表現の過ちがあったら申し訳ないです。

 

では実際成績を見ると

f:id:sgnm0827:20170801220548j:image

リーマンショックからの推移を見るとTOPIXを遥かに凌駕しています。

素晴らしい。

ですが、日経平均とひふみ投信を比べてしまうと大型株の成長鈍化のもっさり感がTOPIXにのし掛かっていますから成績比較対象として私は見ていません。

このグラフは日経平均にインデックス投資するより、断然ひふみでアクティブ投資した方がいいよという判断をする為のものです。

実際ひふみ投信は、中小型株をメインに取り扱ってますから指数との比較をしようとするとJASDAQやマザーズなどの指数です。

ですが

あえてもうそれは掲載しません。

ネット上では、ほぼ同じだ手数料の比較がうんたらかんたらコスト面がうんたらかんたらインデックス投資家はコストが命ゴニョゴニョと色々飛び交ってます。

確かにそれらの指数と運用成績は似ているかもしれません。

だからなんなんだと。

私は最初に記述した通り、レオスキャピタルワークスという企業理念が好きだから投資しているんだ。

それだけで何が悪い。

投資初心者だからだとか、コスト面のリターンを知らないとか何を言われてもいい。

この投資信託を利用して私は資産形成していくと決めているのです。

 

 まとめ 

今はまだ投資において、しっかりとした基軸を持っていません。

どういったスタイルで投資するのか決めかねています。

ですが、唯一ひふみでの積立は辞めることなく継続しています。

将来ポートフォリオ内のひふみの割合が、どれぐらいをしめるのかは決めていませんし、わかりません。

ですが、一生持ち続ける銘柄と決めたのです。

運用責任者が変わった時は少し悩んだりするかもしれませんが、、、

 

日経平均はもう終わったと言われています。

しかし日本の企業全体が終わっている訳ではありません。

まだまだ良い企業はたくさんあります。

特に最近感じるのは、小さなベンチャー企業がとても良いアイデアやサービスでどんどん世の中に便利なモノを発信しています。

日本も捨てたもんじゃないんです!

 

以上、知識経験の少ない私の独り言でした。

セゾン投信やさわかみ投信なども紹介したいです。

というか、有名過ぎてどれもこれも知ってますよね。

でも私の自分の為のブログなので気がむいた時に書いて行こうと思います。

 

 最後に

ちなみに私が最初に掲載したひふみろは2代目です。

初代はもっとシャープな感じです。

気になる方は是非検索してください。

レオス・キャピタルワークス株式会社