ころすけのお金のお話

投資初心者の投資初心者による投資初心者のための投資関連ブログです。米国株を中心にETFと投資信託でコツコツ積立中。専門知識はなくても投資で資産形成は出来る時代になりました。

ICOとCOMSAとテックビューロと

f:id:sgnm0827:20171017005731j:image

最近巷でよく耳にします。

ICO、テックビューロ、仮想通貨、ブロックチェーン

これらの技術はこれからの経済市場においての技術進化に無くてはならないものばかりです。

そして、本日注目したのはICOです。

ICOってなんだ?

ICOはInitial coin offeringの略称です

Initial coin offeringってなに?

クラウド関連や仮想通貨に詳しい人は知ってると思いますが、単純に言うと資金集めの方法です。

独自で仮想通貨を発行して、それを誰かが購入する。

その結果、発行した側には資金が流入し、さらには需要があるとなると供給とのバランスでその通過自体の価値は上がっていきます。

こうして資金を個人が調達出来ることができるのです。

かなりざっくりですがこんな感じです。

例えばですが

私が【コロスケコイン】という通貨をつくる

みんな買ってくれる

私にお金が集まる

わーい (^o^)/

こういう図式です。

簡単ですね。

ですが、今まで誰かが何かをしようとして資金集めることは、とても難しいかったんです。

大金を集めようと思うと、銀行や企業に動いてもらうしかなかった。

それを個人が個人だけで調達できる仕組みを構築したのがICOなのです。

まだまだ世の中に完全に認知されていないため、投機のように扱われたり、詐欺を働く人がいたりと問題はありますがシステム自体はとても良いのです。

 

COMSAとは? 

そして本題です。COMSAってご存知でしょうか。

COMSAとは

独自の通貨(以下 独自トークンと呼びます)の発行をお手伝いしますよ。

と、サポートしてくれる会社です。

このCOMSAに登録すれば個人が誰でもトークンを発行できるのです。

これが凄い。

f:id:sgnm0827:20170803192317j:image

COMSAが全てを繋いでくれます。

何とありがたい。

私もとりあえず登録しました。

以下から登録できます。

COMSA Token Sale Dashboard

公式サイトはこちら

COMSA - 実ビジネスのブロックチェーン導入を支援するICOソリューション

 

まとめ

独自トークンの発行はそんなに面倒なものなのか?

少し調べてみましたが個人でやるにはレベル高すぎます。

私がバカだからなのもあるのでしょうけども、、、

現在、多くの企業がICOを希望しています。

基本となるブロックチェーン技術の導入には様々な問題がつきまといます。

国際的な法整備も進んでいますが、まだまだ仮設段階です。

その中の一つとして、暗号通貨の法定通貨に対するボラティリティの高さや、会計上や監査上、他にもあれやこれやの様々なわずらわしい問題を引き起こしています。

期待とニーズに対応しきれていなかったのが最も大きな壁となっていたわけです。

これをCOMSAは解決してくれるんです。

やってくれるんです。

これをきっかけに多くの企業が独自のトークンを発行して様々な取り引きやサービスに導入すると考えられます。

時代が変わる時は、掛け算のごとく規模とスピードが爆発的にブーストします。

数年後にはまた今とは違う新しいライフスタイルが待っている気がします。

想像もつかないキャッシュレス世界はもうすぐそこまで来ているのかもしれません。