ころすけのお金のお話

投資初心者の投資初心者による投資初心者のための投資関連ブログです。米国株を中心にETFと投資信託でコツコツ積立中。専門知識はなくても投資で資産形成は出来る時代になりました。

投資戦略決定

f:id:sgnm0827:20170816084906j:image

目標とする投資の形が決まりつつあります。

投資信託とETFを使うことにしました。

インデックス投資を約50%程度として、サテライト戦略にバリュー、グロース、高配当、エマージング株式に投資することに決定です。

投資信託

投資信託では積立購入が基本となります。

投信信託の銘柄選びにはそれぞれの役割を持たせています。

選んだ投資信託は 主に米国・欧州・新興国をインデックス投信。グロースをアクティブ投信で運用します。

ここに高配当貴族投資信託を追加して私のポートフォリオの形が見えてきます。

 

投信銘柄

米国インデックス iFree S&P500インデックス

欧州インデックス i-mizuho欧州株式インデックス

新興国インデックス eMAXIS slim新興国株式インデックス・ピクテインデックスブラジル株

グロース ひふみ投信

高配当貴族 日本株配当貴族インデックス・米国株配当貴族インデックス

高配当貴族に関しては毎月積立は行わず、市場を見てスポット購入していこうと考えていますが、パフォーマンス的にあまり評価が出来ない状態です。検討しながら様子を見ようと思います。

ひふみ投信については私の思い入れが強い銘柄選びになったのかもしれません。他にもよいアクティブファンドがありますしね。

 

積立購入

投資信託の銘柄が決定したので毎月の積立購入を設定しました。

今月から自動的に買い付けていきます。

こちらが毎月積立の投資信託の割合です

f:id:sgnm0827:20170816093349p:image

そして高配当貴族をスポット購入した場合の割合です

f:id:sgnm0827:20170816093740p:image

 

高配当ETF

投資信託で毎月積立を行うので、年間の相場を見て高配当ETFをスポット購入していきます。

毎年買い付けていくので、ある意味積立になっているのではないでしょうか。

高配当ETFを組み込む理由は単純にインカムゲインの確保です。配当金をさらに投資していくことで複利効果を狙っていきます。

 

ETF銘柄

高配当ETFの銘柄選びにはいつもお世話になっているブログを参考に選んでいます。

シーゲル博士の高配当戦略を実践されている方が多いのでとても参考になります。

私が選んだETFはティッカーカードHDV・VYM・VIGの3つです。

 

まずHDVから

 

こちらのブログでも紹介されているようにこのETFは高配当で人気の米国銘柄が詰め込まれています。この高配当ETFに投資せずにどこに金を落とすのか。

 

次にVYMです

 

こちらは大型銘柄のみで構成されています。

セクター構成が幅広いのでバランスの良い高配当ETFです。

 

さらにVIG

 

 連続増配株を寄せ集めた贅沢なラインナップです。高配当銘柄と連続増配している銘柄は違うのでこのETFは高配当ETFとは違います。

ですが連続増配を行うということはビジネスが安定しているということです。

そのため私は高配当ETFを組み込む際に下落時のクッションの役割も求めているためこのETFは持ってこいです。

 

ETFを組み込んだ時の最終的なポートフォリオです

f:id:sgnm0827:20170816101037p:image

これが私の戦術的アセットであり、戦略的にポートフォリオを組んだ結果です。

毎月の結果は淡々と記録して、年に一度のリバランスで目標のバランスに近づけていこうと思います。

 

データ引用