ころすけのお金のお話

投資初心者の投資初心者による投資初心者のための投資関連ブログです。米国株を中心にETFと投資信託でコツコツ積立中。専門知識はなくても投資で資産形成は出来る時代になりました。

迷う奴は一生迷う

f:id:sgnm0827:20170820004824j:image

チャンスはいつどこにあるかわかりません。そして自分が欲しているモノが明確になっていないとチャンス自体がわかりません。

欲求は強い方が良い

目標を設定し、その目標に向かって計画を立て、実行していきます。この時にこの目標は自分にとってどれだけ実現したいかで達成確率は大きく変わります。

実現したいというパワーは強ければ強いほど欲望は膨らみパワーになります。

この欲望に負けて道を誤ってしまう人は自己責任です。知りません。

 

日本人は意思が弱い?

日本人は欲求に対して否定する事が多いと言われています。周りの目を気にしたり、上司の顔を伺ったり、気を使う所を間違いまくってる種族です。

そのためチャンスをチャンスと捉えることが出来ず、一生奴隷体質が続く人間が多いです。

 

チャンスが来たら迷わず動く

欲求を実現するために一番重要なことは常にその事を自覚しておくことです。

そして人生において目の前に差し出された時は迷わず掴み取る瞬発力を発揮することです。

幸運の女神に後ろ髪はない

という言葉があるように後ろから追いかけても掴み取ることはできません。すぐに決断をして行動するべきなのです。

日本人は誰かが助けてくれると思い込み過ぎです。株式投資で負ける人もそうです。マーケットはいつどんな時に牙を剥いてくるかわかりません。だからこそ生半可な気持ちで調子に乗るとすぐに食い潰されます。

ですが相場に居続ければかならずチャンスが訪れます。

 そのチャンスを虎視眈々と狙う人達だけがご褒美をもぎ取る事ができるのです。

インデックス投資はチャンスなどと無縁と言われる事がありますが相場の下落時に押し目買いできる人はチャンスを掴んでいることになるのではないでしょうか。

暴落時にバーゲンセールの如く株を買い付けて行く人はチャンスを掴んでいるのではないでしょうか。

優良物件を見つけた瞬間に即買いしている不動産投資家はチャンスを掴んでいるのではないでしょうか。

何事でもそうですが欲しいモノを欲しい価値で手に入れている人は全てチャンスを掴んでいるのではないでしょうか。

 

まとめ

チャンスが訪れたら迷わず動くということ。

迷った瞬間にチャンスは去っていきます。

そしてチャンスを失う人はその後も失い続けます。

私は迷いに迷い続けているクソダサ投資家です。本日書き留めた事を忘れず相場に寝転がり続けようと思います。

チャンスは意外とゴロゴロ転がってくるはずです。

f:id:sgnm0827:20170820012548j:image