ころすけのお金のお話

投資初心者の投資初心者による投資初心者のための投資関連ブログです。米国株を中心にETFと投資信託でコツコツ積立中。専門知識はなくても投資で資産形成は出来る時代になりました。

新明和工業(Shinmaywa)

f:id:sgnm0827:20170825181426j:image

 航空機・特装車・水処理機器・パーキングシステム・線処理システム・環境システム・薄膜表面改質・真空システム・ビルドインモーター・航空旅客搭乗橋

あらゆるニッチな産業でシェアを占領しているハイパー地味なモンスター企業です。

新明和工業

兵庫県宝塚市に本社を置く、日本の輸送機器製造会社です。前身は第二次世界大戦前時 川西財閥傘下の航空機製造会社川西航空機でした。

東証一部上場 銘柄コード7224です。

 

新明和工業の歴史

前身の川西航空機時代、九七式飛行艇や二式大型飛行艇などの飛行艇、局地戦闘機紫電/紫電改を開発製造を担当していました。日本の戦時に重要な役割を担っていたんですね。

戦後に川西航空機は民需転換を図り社名を明和興業に変更します。これが新明和という社名のルーツになります。戦時補償債務打ち切りに伴う関連法の企業再建整備法により明和興業は吸収分割されることになり、自動車部門の明和自動車工業(現在のダイハツ工業)と汎用機械部門の新明和興業という、2つの会社として再設立されました。

川西航空機の航空機製造技術を引き継いだ新明和でしたが、設立当初は航空機の製造が日本全体として禁止されていたため民需転換に向けて様々な試みが行われました。
その後、朝鮮動乱をきっかけに航空産業が解禁となり、航空機製造への再参入を果たします。

 

防衛産業へ活路を

ここから民間輸送用プロペラ機YS-11(主要装備 YS-11|防衛省 [JASDF] 航空自衛隊)の生産分担が始まります。そして海上自衛隊向けの飛行艇で完成機メーカーとして完全復活します。

現在は自衛隊へ提供している救難飛行艇US-2(海上自衛隊:ギャラリー:救難機(航空機):US-2 固定翼機)を製造しています。また、天突きダンプや塵芥車などの特装車、ポンプや自動電線処理機などの産業機械、機械式駐車場、ボーディング・ブリッジなども製造するニッチ産業特化型の機器メーカーとなっています。

ニッチな産業でシェアを握るのは極めて市場において有利な立ち位置に立てるのではないでしょうか。

 

事業部毎の展開

航空機事業部

水陸両用航空機の救難飛行艇(US-2)を製作しているほか、ボーイングやエアバスから航空機部品の開発・製造を受託している。過去には、日本航空機製造(NAMC)の生産分担を行ったことも。現在の事業比率は売り上げが民間機に偏っているのが気になる所です。為替の影響を強く受けるので円安時に業績が良くなる典型的な為替依存事業です。

しかし、企業技術は確かです。戦中に培われた航空機における技術は素晴らしいものがあり製造される製品は業界内では定評があります。

将来に向けた戦略として救難飛行艇 US-2のインド海軍への売込みを目指し「飛行艇民転推進室」を設置、川崎重工業・島津製作所と連携した専任チームを発足させる等、活発な展開活動が行われています。

実験飛行艇 UF-XS

PS-1(PS-1 - Wikipedia)を製作する段階で、技術不足を補うためにアメリカ海軍からグラマンUF-1を譲り受けて研究しました。それを元に試作した量産型の4分の3ほどの大きさの飛行艇である。1機のみを製造しました。

対潜哨戒飛行艇 PS-1(PX-S)

対潜哨戒機。機体は後のUS-1と同型です。。強力な境界層制御(BLC)システムによって高い短距離離着陸(STOL)性能を持ち、二式大型飛行艇譲りの良好な凌波性能を備えた機体である。しかし、対潜哨戒能力がP-3対潜哨戒機に及ばなかったこと等から、23機で調達が打ち切られました。

救難飛行艇 US-1A

US-1のエンジンを換装した救難用水陸両用の飛行艇です。海上自衛隊が運用し、岩国飛行場と厚木飛行場に配備されています。飛行場の無い東京都小笠原村の父島・母島で急病人が発生した場合等、同機が派遣され羽田航空基地経由で東京23区の病院へ搬送しています。14機製造。

併用されて次モデルのUS-2が製造、運用されています。

 

特装車事業部

ダンプトラック、ごみ収集車、テールゲートリフタ等の特装車が主力。ダンプトラックやごみ収集車などで国内トップシェアを誇ります。

特に天突きダンプ・すいちょくゲートは新明和工業の登録商標です。しかも天突きダンプは海外でもTENTSUKIの名で知られていて、シェアの広さと実力が伴っている証拠ですね。

東日本大震災の時には受注が爆発的に伸びて株価が高騰しました。復興による産業特装車が大量受注に繋がったからです。

f:id:sgnm0827:20170826224437j:image

 

企業特徴

他にも多くの事業部があり、世界にシェアを伸ばしてる分野もあるのでまだまだ伸び代はある企業です。

しかし、国内国外の売り上げ比率はかなり海外に依存しています。2014年には特装事業が好調なことと、さらに円安の追い風により輸出業に大きな影響を与えて大型株には珍しく5倍もの株価上昇が見込めました。

f:id:sgnm0827:20170826224725j:image

株価だけを見た場合、最初にも記していますがかなり為替に左右される銘柄です。ドル円の為替チャートと株価チャート(上記)が全く同じです。円高傾向の今は注目しておいても良い企業ではないでしょうか。限定的ではありますが、好条件が揃えば爆発的に上がる企業なのです。

まだまだ日本には実力はあるのに、経営方針や大型故の身動きの遅さが目立つ企業が多いです。米国の様な何十年も安定的なパフォーマンスを発揮する企業は国内にはなかなか見当たりません。これからの日本企業に期待です。