ころすけのお金のお話

投資初心者の投資初心者による投資初心者のための投資関連ブログです。米国株を中心にETFと投資信託でコツコツ積立中。専門知識はなくても投資で資産形成は出来る時代になりました。

【投資初心者への基礎知識】お金のお話⑤〜株式投資 後編〜

【投資初心者への基礎知識】

   投資信託は株式投資の第一歩?

 f:id:sgnm0827:20171014083346j:image

少額から手軽に投資できる投資信託。投資信託はつみたて投資ができるためまとまった資金がないという人に適しています。

さらに何を買ったらいいかわからないという投資初心者にも適していると思います。

初心者の人はまず投資信託から始めてみてはどうでしょうか。基本を確認しましょう。

投資信託とは

投資信託とは、複数の投資家から集めたお金を1つにまとめて、それを運用の専門家である投資信託会社のファンドマネジャーが管理運用し、その成果を投資家に分配・還元する金融商品のことです。

この説明を読んですぐわかる人は最低限の知識を持ってらっしゃると思います。

簡単に言い換えると

投資したい人が運用会社にお金を託して、その会社の頭の良い人が、まとまったお金を管理して私たちの代わりに株などを購入してくれます。

そしてその成果として分配金、還元してくれるというものです。メリットを確認してみましょう。

投資信託のメリット

投資信託を使って投資することは初心者にとって、とても良いことが多いのです。 

少額から分散投資を始めることが出来る

投資をするということは資産を増やすのが目的です。となると、株への投資が王道なわけです。

株式は、債券などと比べて値動きが大きい分、大きな値上がり益が期待できます。

ただし、元手となる投資資金が少ないと日本の株式投資はハードルが高くなります。

例えばトヨタ自動車を1銘柄買うには、基本的には100株単位で購入しなければならないため、現状で最低60万~70万円が必要になります。

また、購入の際には銘柄選びも非常に重要となります。これが株式投資の醍醐味でもあるわけですが、失敗すると大損する可能性もあります。

投資初心者はそもそも何を買えばいいのかわからないという人も多いと思います。

その問題を解決してくれるのが投資信託

投資信託は多くの株を組み合わせて一つの商品にして、小分けにして売るようなイメージです。1本買うだけで数十銘柄、数百銘柄の株を買うのと同じ分散効果が得られます。

日本株全体に投資することも簡単にできます。

 

100円から世界規模の分散投資が可能

投資する時にはリスクを考えます。リスクを減らすには、複数の国、複数の銘柄に分散投資することが大事だと考えられています。

特に国内だけでなく海外にも目を向けて、日本株が不調でも米国株は好調という様に、世界各国の経済発展の恩恵を受けれるようにしておくのが大事なわけです。

しかし、多くの銘柄を買おうとすれば大きな資金が必要になります。また投資をした事がない人が海外の株を買うのは少しハードルが高いのではないでしょうか。

そこで、世界の株に投資が出来る投資信託を選べば100円からそれが実現出来るわけです。

株の銘柄選びや、その後の入れ替えなども運用会社がやってくれます。
これで、初心者や手間をかけたくないといった人も手軽に投資できるはずです。
しかし、どの投資信託を選ぶかがとても重要になってきます。人気の投資信託が良い投資信託であるとは限らないからです。

 

つみたて投資は最強の投資術

も株式投資で失敗を避けるには、銘柄だけでなく時間分散も大事です

つまり、一度に全額を投資するのではなく、何回かに分けて買う方がいいわけです。

その方法が毎月一定額でコツコツと行うつみたて投資。通称ドルコスト平均法

実際どれほどのメリットがあるか、このドルコスト平均法の潜在能力は計りしれません。

ただ一つ言える事は、この投資手法によりマーケットをチェックしたり、株価や企業業績などを全く気にしなくて良い。という点に関しては非常に便利だなと思います。

ストレスなく投資できるのはとても良いことです。

 

経済暴落に強いのが長期つみたて投資の一番のメリット

途中でやめずに、できるだけ長期間つみたて投資を続けるのも大事なポイントです。

世界経済が悪くなり、相場が暴落しているようなときは分散投資していても損失は避けられません。

しかし、そうした下落相場でもつみたて投資を続けることが利益を上げるためにはとても大事なのです。

実際、100年に一度と言われた2008年のリーマンショックでは、日経平均株価が半値以下になりました。

しかし、その後もコツコツとつみたて投資を続けていた人は、2012年以降の株価上昇でとても大きな利益をだしているのです。

それは暴落時に投資を続けたおかけで、市場の平均価格よりも安い値段で買う事が出来たためです。

さきほども言いましたが、買うタイミングや相場の上下など気にしなくていいわけです。

むしろ値動きが大きいほうが、将来の資産の増え方が大きくなる可能性があります。

というのも、常に一定の金額しか買わないわけですから、高値のときは購入量が少なくなり、安値のときは多くなるので、平均取得単価が低くなる、つまり安く買えるからです。

その結果として、相場の下落後の回復が早く、上昇時には利益が大きくなるわけです。

 

 まとめ

色々記述しましたが、基本的に投資初心者が投資信託で株式投資を始めた方が良い理由は以下の5つです。

  1. 少額からでも投資でき、100円から買える
  2. 1本買うだけで銘柄の分散投資ができる
  3. 海外への投資が簡単にできる
  4. 毎月一定額でつみたて投資ができる
  5. 銘柄選びや入れ替えはプロに任せて楽チン、ほったらかしでOK

以上の事にメリットを感じたのであれば、今すぐ投資信託を始めるべきです。

本文の中で投資信託の選び方が大事だと書きました。なかなか自分で探すのは難しいという方はブロガーさんの記事を参考にしてみてはいかがでしょうか?

雑誌より、ニュースより、SNSより、とても有益な情報がきっと得られるはずです。