ころすけのお金のお話

投資初心者の投資初心者による投資初心者のための投資関連ブログです。米国株を中心にETFと投資信託でコツコツ積立中。専門知識はなくても投資で資産形成は出来る時代になりました。

【インド銀行株高騰】懸念材料解決

 f:id:sgnm0827:20171031230824j:image

先日、インド株式市場で国営の銀行株が大幅高となりました。株価上昇率は短期で2割を超える伸びをみせ、インド株式市場にさらなる期待感を持てる展開となっています。

インド銀行株銘柄高騰

f:id:sgnm0827:20171031232338j:image

現在、大幅高となった代表銘柄はインドステイト銀行、パンジャブナショナル銀行、バローダ銀行などです。

高騰した要因としては、国営銀行にインド政府が3兆円を超える資本注入を発表したことです。

このことにより、不良債権問題が解決するのではないかという期待感が高まりました。

 

驚愕の資金注入規模

名目GDPの約1.5%相当の資金が公営銀行に注入されました。

これは市場の予測を大きく上回る額となっており、2016年総額の9倍もの資金が今回注入されております。

 

ゴールドマンサックスの見解

大規模注入による信用緩和は、株価やルピー相場の支えになるとの見解です。

政府の具体的な政策は明らかになっていませんが、どの銀行にどれだけの資金が投入されるかで今後も銀行株が高騰する可能性がありそうです。

 

インド政府 今後の資金動向

今後5年間で、約12兆円を道路建設に投資するとの計画です。

このことを受け、ムンバイに本社を置くラーセン&トゥブロの株価は上昇しました。

インド政府は今後も国家建設計画に基づき、インフラ整備、新技術等、さらなる巨額投資を行う予定をしており、インド株式市場に今までよりも、さらなる投資妙味がある市場になりそうです。

 

インド投資するならまずはこれ

インド株式を保有したいのであれば、現在はETFもしくはNY株式市場に上場しているADR銘柄を購入することをオススメします。

私と一緒に、未来のインドへの投資を始めてみませんか?

データ引用ブルームバーグ - 世界の最新経済情報/金融ニュース – Bloomberg.co.jp