ころすけのお金のお話

お金、投資、ライフスタイルからビジネスまで浅く広く、時に深く掘り下げてお届けしています

【次世代のインターネット通信革命】Googleの新興国戦略

インドから始まる新時代のWiFi

Googleは世界中の農村部がインターネットに接続できるために、次世代通信技術 ライトビームを使う方法を準備しています。
その展開はまずインドからと発表されました。

次世代の光通信技術

Googleは、人口5000万を抱えるアーンドラプラデーシュ州の通信事業者と共に、Free Space Optical Communications【FSOC(空中光通信)】と呼ばれる技術を実用化しようとしています。
これは、光のビームを使い放射状に電波を拡散して、高速大容量の長距離インターネット接続を可能にする技術です。
これが実現すれば、事実上世界中のどこにいてもPCやスマートフォン等が使えるという画期的な技術なのです。

インド企業とのタッグ

Googleとパートナーを組んだAP State FiberNetは、1月から2000のFSOCリンクを導入し、同州のネットワークに対してもサポートしていくそうです。
準備は着実に進んでおり、プロジェクトは順調なようです。

APSFLという企業

ちなみに、AP State FiberNet Limitedは2015年に設立された企業です。
私は詳しく知らないのですが、エネルギー・インフラストラクチャ&インベストメント部門の管理下にある、政府の完全所有組織です。

インドとGoogleは成功するのか

Googleの今回のプロジェクトは、インドの数千名の人々をサポートしている、電波塔やWi-Fiスポットなどの主要なアクセスポイントにアクセスできない、危機的な格差をうめることが狙いなのです。
Googleのこのプロジェクトはインド政府施策の一環でもあり、政府の計画では2019年までに1200万世帯をインターネットに接続する予定だそうです。

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin