ころすけのお金のお話

投資初心者の投資初心者による投資初心者のための投資関連ブログです。米国株を中心にETFと投資信託でコツコツ積立中。専門知識はなくても投資で資産形成は出来る時代になりました。

国際分散投資の重要性

f:id:sgnm0827:20170904000641j:image

投資をするということは未来へ資金を託して、時間と複利というパワーを借り、パワーアップさせて結果的にリターンという形で受け取ることが基本だと考えています。

そして、投資スタイルは多数ありますが、1番簡単で誰にでもできる投資スタイルが投資信託を使用した積立投資での運用だと考えています。

投資信託で資産運用を始める際は、基本的に闇雲に商品を選んではいけません。投資家の事を考えて作られている商品を選ぶ必要があります。それさえ間違えなければ基本的に後は何もすることはありません。

そして無理をせず、少しずつ、塵も積もれば山となる精神で運用していくのが初心者ならば一番良いのではないでしょうか。

大事な事は長期・積立・そして分散なのです。

分散というのは世界に分散投資をしようということです。国際分散が大事です。

世界経済は少しずつ少しずつ成長していきます。ときどき つまづき、転げたりしながらゆっくり山を登っていくのです。この成長に資産を乗せて運用していけばいい。ただそれだけです。

この成長の恩恵を受けるためにも国際分散です。何度も言います。国際分散投資です。

その時代により、世界経済を引っ張っていくリーダーは常に交代していきます。大きな牽引役となるアメリカはもちろんなのですが、中国、インド、ブラジルも経済成長の立役者です。日本も負けてはいられません。ということで全ての国を対象として投資すれば必然的に自分の資産も成長します。

現在の投資環境は数年前と比べてはるかに良い環境が整っています。非課税制度のNISA、次いで積立NISA、個人型年金iDeco、金融庁はアクティブに働きかけ、投資信託に至っては信託報酬料も引き下げ合戦が始まり、ネット証券では手数料や諸費用がどんどん低価格や無料になっているこの時代。個人投資家にとって良いことばかりです。昭和から平成20年前半にかけて、こんな投資環境が改善されると誰が想像できたでしょうか。

私たちのお金が国際的投資資金として使われる事は、未来へ向けて拡大していく世界の経済社会に参加しているということです。誰でもいつでも投資出来る環境が整っている今、無理せずコツコツと、そして自分の資産が増えていく事にワクワクしながら、将来への資産を育てていくことで素晴らしい人生が待っているはずです。

大前提として貯蓄は大事です。ですがその次に投資する事も大事です。稼いで・貯めてだけではなく、そこにもう一つ増やすという事も追加して楽しい人生を送る事が良いのではないでしょうか。