ころすけのお金のお話

投資初心者の投資初心者による投資初心者のための投資関連ブログです。米国株を中心にETFと投資信託でコツコツ積立中。専門知識はなくても投資で資産形成は出来る時代になりました。

【人生も投資もイージーに】ルールを設けて選択肢を減らす習慣を

にほんブログ村 株ブログ 米国株へにほんブログ村 株ブログ インド株へ

【ルール】とは、守りごと・規則・規定・きまり事、といった意味合いがあります。

束縛的な受取り方をしてしまうと、デメリットですが、一方でただ従えば良いというメリットもあります。
それは、物事を瞬時に判断できるツールになるからです。

ルールは人生を楽にしてくれる

人が行う選択には限界がある

日常生活を送っていると、日々選択の連続です
時間、予定、服、持ち物、食べ物、歩く速度、仕事なんかしていれば一日中選択をしています。

人間の脳は、一日で50〜70しか選択できません。

これ以上はストレスがかかり、脳が処理を拒むそうです。
情報を手に入れて、その中から何かを選択するという事はそれだけエネルギーを消費するということなのです。

そのため、大半の事は無意識のうちに処理しているそうです。
極力選択肢を減らしてあげた方がストレスは無くなります。
それに、他にエネルギーを使う事もできるわけです。

有名な話では、今は亡きアップルの創業者であるジョブズは毎日同じ服。
オバマ前大統領は、ほぼ同じスーツ。
ルールを決めて習慣化してしまえば、これら日常生活における選択肢はグッと減ります。

〜 いかに物事の判断をせずルールに従い生きていくか 〜

これは怠けているだけだと思われがちですが、迷わずに済むという事は、ストレスが格段に減るということなので非常に良いです。



投資をするならルールは決めた方が良い

これは全ての人に当てはまらないかもしれませんが、相場においての経験があまりなかったり、投資方針など定まっていない人にはとても有効な手段です。

ああでもない。こうでもない。ああしてば良かった。
といった、タラレバは誰でも考えてしまいます。
ですが、そこから学び理解を深めていかないと成長はありません。
暴落した時に自分の資産が減り撤退を余儀なくされる。
または、資産が想定以上に減ってしまい恐ろしくなりすべて手放してしまう。

そんな事にならないためにもあらかじめルールを作っておけば、それに従うだけで余計な事を考えずに済みます。



「なんとなく」は必ず損をする

ある程度のルールを作っておくべきです。

インデックス投資や、投資信託での積み立てを行うと、こういった事も容易にできますが、個別銘柄などを保有して相場と睨めっこしている投資初心者の方には少し難しいです。

あっちこっちに目移りしたり、他人の保有銘柄が気になったり、新興企業の話題にも耳を傾けてしまいます。

わかっているのに違う事をしてしまう。
こういった時に、ルールが非常に役立ちます。

何がどうなればどうする。
そういった事を決めてしまい、それに従うだけ。
簡単な事ほど、出来ないのが人間なので難しいとは思いますが、コレが有るのと無いのとでは、全然違います。



自分で作ったものは変えていい

この自分ルールは、その都度変更していけば良いと思います。
誰に言われた訳でもなく、自分で決めた訳ですから。

実際に体験した事により《これは違うな》と思ったら、その都度見直して新しいすれば良いのです。



人生も投資もストレスフリーな方が良い

なんとなく行動していると、一見楽そうですが、実はかなりストレスが溜まります。
衝動的や感覚的にリアクションを起こしてしまう事ほど、エネルギーを無駄に消費してしまうのです。

そのため、自分ルールを作ってしまいそれに従って行動するという生き方は、とても大事だと思います。

あらゆる無駄が無くなっていけば、効率的に仕事が進んだり、自由な時間が増えたり、他に趣味が見つかるかもしれません。

相場と睨めっこばかりしていたら、ミスターマーケットになってしまいますよ。



素人の私でもルールがある事で何とかなっています