【相場が不安な時はコレ】投資初心者が下落相場でするべきたった1つのこと

初めての下落相場

相場が下がり続けると不安になる

毎日毎日下がり続けると、とても不安な気持ちになるものです。

それは、下落相場での経験が無い事に加え、実際に自分の資産がみるみるうちにマイナスなっていく事の恐怖からだと思います。

無闇に売り買いをするなという事はわかっていても、日々続く下落相場のストレスが余計な事を考えさせてしまい、普段考えてもいなかった行動に出てしまいがちです。

こういう時は《行動をおこさない為の行動》がとても大事になります。

その中で、下落相場では私自身がコレをやれと決めていた事があります。

投資経験が浅い私が編み出した、下落相場で行うたった一つの行動がコチラ。

無駄な知識を身につける

毎日毎日お金の動きばかり見ていたら、疲れてしまいます。

こんな時は、お金の事は忘れて違う事を考えるに限ります。

くだらない事をして、コトをやり過ごす。

いつどのニュースを見ても『世界的な暴落だ』なんて報道が続けば、追加投資をする準備をするなり動きだせば良いのではないでしょうか。

焦ってはダメ。急がば回れです。
冷静さを欠いた行動は良い結果を生みません。

回り道。回り道です。
それでは、本日の回り道。
無駄な知識を覚えましょう。

今日使える小ネタをどうぞ

4/4と6/6と8/8と10/10と12/12は毎年、すべて同じ曜日になるんです。永遠に。

さぁ、カレンダーをチェックです。

よく見る光景ですね。政治家が出勤途中の人に演説をすることを《朝立ち》と呼びます。

意味深ですね。

関東の人はマクドナルドの事をマックと呼ぶのでしょうか。

関西の人はマクドナルドをマクドと呼びます。

フランス人もマクドと呼びます。

つまり関西人はフランス人なんですよ。ぼんそわー

では今日はこのへんで。

最後になぞなぞ



その日、私は街へ買い物に出かけていた。

山奥に住む私の日課は、週末になると軽トラに乗り込み、山の麓のスーパーに一週間分の買い出しをする事だ。

その日も、いつも通り軽快に山道を鼻歌まじりで運転していた。

スーパーまでは基本的に一本道だ。

カーブは多いが、特に見通しが悪い道はなく、比較的安全な道で事故もほとんど起きた事が無い。

しばらく走っていると、一台の大型トラックが猛スピードで私を追い越して行った。

「危ないなぁ、クラクションも鳴らさずに」

そう思った次の瞬間。

大型トラックに積み込まれていた荷物が降ってきたのだ。

もはや、撒き散らしながら走っている。

鉄パイプ脚立、スコップ、バケツ、長靴、さらにはピンポン球、バナナ、雑誌も。

さて、ココで私が最初に踏んだものは何だろうか?

簡単過ぎますか。ですが、そんな事を考えているうちに、相場は反発してるかもしれませんね。

これを読んで、無駄な売り買いが無くなれば幸いです。

※投資は自己責任でお願いしますねm(__)m

タイトルとURLをコピーしました