ころすけのお金のお話

ほぼ雑記ですが、たまにお金のことを書いてます

相場考察
運用状況
インド投資戦略
スマホでブログ
幸せとは
友人への投資の勧め

読む力、選択するセンス、そして類稀なる強運を味方に

f:id:sgnm0827:20181213223358j:plain

一度割れたグラスは、いくらその破片をかき集めたところで、 もう元のグラスには戻らない。

それはもう "破片" であり "グラス" ではないのだ。



置かれた状況に気づかずに、それに気づかずに、もしくは気づかない振りをしているのか。

状況は変わってしまったのである。

なぜか人は一度決めた戦略を貫こうとしてしまう。
それが現状に見合わない欠陥だらけのモノだとしても。

この心理の裏側に、集団心理的なモノはないだろうか。
《みんながやっているから》《賢い人が言っていたから》
自分の中での判断材料が無い場合や、漠然と走り始めてしまった戦略は簡単に手放すことは出来ない。
乗る列車はわかっていても、目的地がわからないのだから降りる駅がわからない。
この状態の人が多くなってくるとそれはもはやバブル。狂躁に駆られてしまい、抑えがたく踊りたくなるものなのだ。


"ジャングルには安全などない"

この言葉を聞いてどこまでの状況と危険度を想像しただろうか。
どれほどの安全領域を脳内で想像しただろうか。

危険な生物がいるかもしれない、道がわからなくなるかもしれない、食料が底をつくかもしれない
水がなくなるかも、寝る場所が確保できない、明日には生きていないかもしれない

危機管理が出来なければ、安全だと思っていた場所すらヤバイ場所に変わってしまう。

必勝だと確信していた何かが完全に破綻した時、それに固執せずに冷静に対応できるだろうか。


動物は一度ある方法で成功すると、その方法に固執する傾向がある



上手くいっていると思った時こそ、その戦略は正しいのか、当初の狙いを外していないか
それらを入念にチェックする必要があるのだ。

人生の中で大勝負に出るということはそんなに多くはないけれど
大きく張る時は、勘と度胸以上に入念な準備がとても大事になる。

過去に成功したことと同じことを繰り返すのではなく、今ある手札と場の流れを読み取って戦略を練らなければならない。




よろしければフォローお願いします m(__)m


ランキングに参加しております !!
いつも応援ありがとうございます !!
にほんブログ村 投資ブログ 資産運用(投資)へ